2014年08月21日

ケチじゃなくエコってことで(笑)

エアクリーナーエレメント?

エアフィルター?

エアクリ?

まあどの呼び方でもいいんだけど、
純正部品だと、エアクリーナーエレメントがそれっぽいか?

エアクリーナーエレメントって、
メンテナンス方法としては、整備点検記録簿的には清掃か交換。

交換はいいとして、清掃っていうとエアブローが一般的。

でもエアブローぐらいで汚れが落ちるのかっていうと、
正直なところあんまり落ちてくれていないような・・・。

とはいえやらないよりはマシかってことで、
これまで何かのついでにエアクリーナーエレメントを取り出した際には
エアがあれば、エアブローしてみたりもしていたわけだ。

これがスポンジ? ウレタンフォーム? のフィルター、
さらに言えばK&Nのように洗浄可能なフィルターなら
水洗いしてしっかりきれにできるのにと思いながら。

イマドキのクルマの純正エアクリーナーエレメントは、
繊維タイプも増えてきているようだが、
20世紀のクルマ、しかも軽バンとなる
アクティ(正確にはストリート)はフィルター部が紙。

これじゃ洗えない・・・・

と思っていたのだが、ダメ元で洗ってみたのは今年の春のこと。

image-4ea78.jpg

水を入れたバケツを用意して・・・

image-5e145.jpg

中性洗剤を適量。

image-364a1.jpg

その中でフィルター部を傷めないようにジャバジャバ水洗い。

さすが吸気の不圧に耐えるエアクリーナーエレメントだけに、
特に破損することもなく、普通に洗浄できました。

image-2a072.jpg

そのあとしっかり乾燥させてから、元通りエアクリーナーBOXに装着して
その変化を確認したのですが・・・・

なんと、なんと、燃費がリッターあたり2kmぐらい良くなったのです。

まあ、これは5万km以上、エアブローのみしかしてなかったという
ひどい状態のエアクリーナーエレメントだったから・・・
っていうお恥ずかしいオチがあったりするんですけどね。

新品に換えてたら、果たしてどれぐらい良くなっていたのか?

それは試してないので何ともいえないんだけど、
水洗いって意外やありかも?って思える結果となりました。

そんな紙の純正エアクリーナーエレメント洗浄からまだ半年も経っていないのだが、
すでに走行距離は1万1000kmとなってたもんで、
今日、再び洗浄してみた。

ちなみに写真は、上のものも含め、全て本日のものだったりします。

image-542c2.jpg


ビフォー

image-1446b.jpg

アフター

違いが微妙・・・だけど、そこそこ見た目もきれいになってます。

ちなみに・・・

image-d3f11.jpg

洗浄後のバケツはこんな感じ。

上面は泡立っちゃって、水が見えないけど、
バケツこしに見える水がかなり汚れているのがわかってもらえるはず。

二回目となる洗浄もエアクリーナーエレメント的には問題なさそう。

まあ性能面はともかくだけどね。

イバガレ的エコな取り組みってことで(笑)
posted by ツボ8 at 01:59| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アクティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

塗りたい……

IMG_9459.JPG

「自家塗装」感満点のタンク。
さらに言えば、傷だらけな状態。

塗る環境があれば、速攻でサンディングして、バリっと仕上げたりところ。

でもなかなかそれも難しいので、とりあえず磨いてみようかと。

こんな状態でも塗膜さえある程度あれば、そこそこ見れる肌にはなってくれるはず。

下地がすぐに出ちゃったら、感スプレーで塗りなおすかな?(笑)
posted by ツボ8 at 02:31| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

進んでない

IMG_9481.JPG


エンジンも掛かった、ブレーキ流用の目処もついた。

ちゃちゃっと作業して乗り回したいところだが、そんなに世の中アマくない。

ブレーキは金次第(笑)

部品を買えれば、すぐになんとかなる……、はず。

実際にやってみないとわからない(笑)

お小遣いの目処が付いたら、部品を買って試すのみ。

それより問題なのが、コイツ。

IMG_9469.JPG IMG_9470.JPG

インマニのラバーインシュレーター。

先日、思いがけずエンジンが掛かかったものの、
キャブが全くもって買った状態のままだったので、
掛かった瞬間から回転上がりまくり(笑)

ジェットとか交換する部品が無かったので、
とりあえず、アイドルスクリューの調整で、
普通にアイドリングすべく調整してみたのだが、
一般的なアイドリング回転数どころか、
2000回転以下に回転を落とそうとすると
どうにもアイドリングしてくれない。

CB用じゃない、汎用キャブのつるしの状態のせいもあるだろうが、
それ以外、具体的には劣化しまくりのラバーインシュレーターが原因のようだ。

恐らく劣化して二次エアを吸っているのではないかと。

IMG_9475.JPG

前オーナーがこんなこともやっていたし……。

ちなみにラバーインシュレーターには絶縁テープと思わしきテープが巻きつけてあった。

そんなわけで純正部品出てこない? かなーと思ってWebikで見積もりをとるも、無駄だった。

まあ、ホンダだか予想通り。

ネットでいろいろ調べてみると、この型のCB125TUは、
日本国内よりも海外での情報が多いことに気づいた。

部品も海外の通販サイトとかなら、結構手に入るようだ。

それなら、このラバーインシュレーターも新品があるのでは?
と探してみたものの、どうにも出てこない。

さらには海外のオーナーが、この部品を探しているというような記事も発見。

新品純正部品を見つけるのはどうにも難しそう……です。

IMG_9474.JPG

それでは流用できる部品がないか?ってことで、各部の寸法を計測。

汎用部品の組み合わせで何とかなりそうな、ならなさそうな(笑)

ただ意外や汎用ラバーインシュレーターのお値段が高いものしかなく、
試しに買ってみるっていうことができず……。

現在他の、コストの掛からない手段を模索中。

そんなわけで、ネタにはしてるけど、まったく進んでない(汗)
posted by ツボ8 at 01:03| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

訂正(笑)

image.jpg
「いただけない」って書いたばかりですが……。

昨晩ふと見た時、「カッコいいかも…?」と(笑)

もちろん「ダサ」付きですが(笑)

posted by ツボ8 at 07:57| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

不完全なる予防メンテ

IMG_9504.JPG

栃木の県北エリアの夜は10分15分も走ればリアルな暗闇の中。

昨晩、少し離れた24時間ディスカウントスーパーまで、
仕事が終わったあとで買い物に出かけたのだが、
その道中、「ここでも止まったら、かなり困るなぁ」とふと思った。

現在、4輪唯一の足となるアクティ(正確にはストリート)は
正直なところ止まっちゃう要素を考え出したらキリが無い。

というのも古いし(20年以上前のクルマだ)、
何より最低限のメンテもしてやってないから(汗)

一番ヤバいのが、タイベル。

購入した時点で、メーター上8万kmオーバー(メーター交換されていたので実際は不明)で、
現在オドメーターは15万7000kmになっている。

整備履歴がはっきりしない車両だったから、
購入直後から交換せねばと思いつつ、放置(笑)

距離的にももういい加減ヤバいと思って、
4月の車検の時に変えようとベルトだけは部品を手配したものの、
時間的に変えられず今に至っていた。

そして昨晩、暗闇が続く道を走っている時、
上記のような不安に襲われたのだ(笑)

ちょうど今日は、仕事が遅出ってことで、朝っぱらからタイベル交換やってみました。

細かい作業工程は、過去にもあったので(細かくなかったけど(笑))、特になし。

4月の車検時は、金銭的都合で(笑)、ベルトしか用意してなかったので、
タイベル交換時の必須セットメニューとなるテンショナープーリーや
定番セットメニューとなるウォーターポンプやサーモスタッド、クーラントなどの冷却水まわり、
さらにはアクティの場合、ヘッドカバーのパッキンやエンジンマウントなどの
要交換となる部品を結局車検後も手配しておらず、単純にタイミングベルト交換のみ。

先代アクティの作業で結構時間が掛かった記憶はあるものの、
まあ3時間もあればできるだとうと踏んでいたのだが……。

IMG_9508.JPG

摘出したタイミングベルトと、新品の比較。

やはりずいぶんと磨耗が進んでいたようだ。

これを見ると、いつ切れてもおかしくはない

ってきもするけど、現実のそうなのかは、不明(笑)


IMG_9511.JPG

新しいタイミングベルトを装着した状態。

ここまで作業するのにすでに3時間オーバー(笑)

仕事に行く時間が刻々と迫り、大慌てで外した部品を組み付けることに……。

何とか出勤時間までには完成したものの、
梅雨の晴れ間の夏を思わせる日差しの中で、
久々のクルマいじりをしたもので、
終わった頃には、もう、一日分の体力を使い果たしてました(汗)

お陰で仕事の方はダラダラ(汗)

しかもこのブログを書いている夜には、すでに筋肉痛が(笑)

まあ、これで完全ご臨終っていう立ち往生は、
当分回避できそうってことで、自分なりには、一安心なわけでありますw


posted by ツボ8 at 02:09| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アクティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

このリアフェンダーだけはいただけない

IMG_9413.JPG

現状の色のせいもあると思うんですが、リアフェンダーは変えたいなぁ〜
posted by ツボ8 at 01:26| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

ツジツマアウカ? その2

ホイールがセンターに収まるか?

IMG_9403.JPG


CB用だとちょっと厚さがちょっと足らずだったのだが、
手持ちの部品を漁って、合いそうなのを組み付けたところ
ごらんの通り、センターに収まってくれた。

IMG_9401.JPG

多分NS1用かAPE用と思われるカラーでツジツマ合いました。

IMG_9405.JPG


ただし、ダストシールと径が合わずで、隙間があいちゃってますがw

それからスピードメーターギアが、CBはブレーキ側にレイアウトされるのだが、
NS1はブレーキの反対側にレイアウトされる。
IMG_9398.JPG IMG_9401.JPG

スピードメーターギアはCB用を使うつもりなので、回り止めの無い状態に。

回り止めは無くても大丈夫な気もするけど、やっぱりないとダメなんだろうか?

ダメだったら、対策を考えることにしよう(笑)
posted by ツボ8 at 02:06| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

ツジツマアウカ? その1

この型のCBはフロントにディスクブレーキを装備するのだが、
機械式、つまりワイヤーでキャリパーを動かすっていうメカニズム。

残念ながらそのキャリパーの写真が手元にないんで、
今度機会があれば撮ってアップしたいと思います。

機械式でもそこそこは仕事をしてくれるわけだが、
キャリパーにちょっとしたトラブルを抱えているもんで、
以前から油圧式に交換しようと考えていた。

現状、フロントフォークのオイルシールもダメになっているもんだから、
結論として、どうせならフォークごと他車種用にしちゃうことにします。

IMG_9412.JPG

そんなわけで用意したのがNS1のフォークとキャリパー。

IMG_9391.JPG

選んだ理由は、フォークのインナーがCBと同じΦ31だからってのと
DE耐に出てたエイプでも使ってたフォークなんで、
パーツもいろいろありそうっていうもの。

キャリパーもどうにか付くだろう楽観していたのだが、無念にもそうでもなかった。

IMG_9395.JPG

ローターの径がNS1の方が大きいだろうと勝手に思っていたのだが、
実はCBの方が大きかったんですよ。

NS1→Φ220
CB125T→Φ240

直径で20mmほど大きい。

IMG_9394.JPG

当然ローターが大きいから、キャリパーは取り付け穴に届かない。

IMG_9406.JPG

さらにはローターのオフセットも違うから
こちら方向でもクリアランスが……。

まあこちらはスペーサー代わりにワッシャーを入れれば
解決できるので大した問題じゃありませんが。


とりあえず、ヤフオクでNS1のビッグローター用キャリパーサポートがないか
探してみたのだが、出てこない……。

基本的に同じブレーキとなるNSR50やエイプでも同様。

となるとワンオフでつくるしかない?

それもありだが、加工代が結構高そうかも?

加工をお願いするにしても、安く上がる方法はないかって考えてもみました。

今付いているローターの外周を10mm落としてもらって、220mmにってのは?

これなら加工代もそれほどかからないはず。

っていうかCBにつく220mmローターってないのか?

ってことで探してみたのですが、CB50用が220mmっぽいのですが、
取り付けがCB125Tが5穴に対してCB50は3穴。

他には無いかなっていろいろネットを飛び回ったところで、
NS1やエイプ、NSR50用として240mmローター変更用のキャリパーサポートを発見!

5000円弱というお値段なので、ローターを削ってもらうより、
コストを抑えることができるはず。

とりあえず、ブレーキ流用のツジツマは
合わせることができそうな流れになってきました。

posted by ツボ8 at 02:42| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

掛かるかどうか試したくなるでしょ?

車体がきれい(洗車前よりってことね(笑))になると、
「エンジン掛かるかな?」って思っちゃうもんでしょ? 誰でも。

ちなみに放置熟成を始める直前はというと、
ヤフオク!か何かで仕入れた激安のPD22(純正と同型)のキャブを装着したものの
どうにもエンジン掛からずな状態だったんですけど。

IMG_9420.JPG

当時は純正に戻したり、またつけたりした記憶はありますが、
現状では、そのジャンクだけど新品の激安PD22キャブが付いたまま。

ちなみに純正はフロートバルブがダメなのか、
燃料がオーバーフローしてエンジン内に流れ込んじゃう?
ってトラブルを抱えていたのでキャブを変えてみたのだ、確か。

いずれにいてもこのキャブに変えてから、エンジンが掛かったためしはなく、
「やっぱりジャンクだったんだ」と半ば使うことを諦めていたわけす。

というわけで、エンジン掛けてみたいという衝動に襲われながらも、
「現状じゃ掛からないでしょ?」というのが、実のところ本音だったりします。

さらにいえば、このCBはバッテリー点火というシステム(らしいです)で、
エンジン始動にはバッテリーの状態が非常に重要らしい。

……重要なんでしょうけど、今あるバッテリーはコレ。

IMG_9414.JPG

このバッテリー3年前にCBに乗り始めた時、
スーパーチープツールズさんで買ったもの。

不動になってからは、車体から切り離していたものの、そのまま放置熟成してあったもの。

さすがにもう使えないかと思いつつ、
とりあえず充電してみようと、充電したらなんとうれしいことに
テスターの表示上はしっかり充電できた、というバッテリーです。

エンジン掛からなそうな要素ばっかり(笑)


しかし……


あっさり掛かっちゃった(笑)

posted by ツボ8 at 01:34| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

三年熟成させたCB

IMG_9376.JPG

震災のあった年に手に入れたCB125T(79年式っぽい)

今年こそ乗り回してやろうと思ってます。

というのも、現在仕事の都合で栃木の北の方に単身赴任しているもんで、
バイクを乗るには最高の環境なのです。

ただ、約3年間もMBBにて放置熟成させていたもので、
もともとボロかったのに、「土に返りそう」と言われてしまうような状態になってました。

IMG_9382.JPG IMG_9381.JPG IMG_9379.JPG

というわけで、栃木の方に持ってきまして、とりあえず洗車から。

IMG_9385.JPG

バイクやクルマをいじりやすそうな環境重視で決めた別荘(笑)なもんで、
これぐらいの作業であれば、チャイチャイっとできます。

東京マンション住まいだと、こんなことでもできなかったりするので
クルマ&バイクいじり好きな自分には超いい環境です。

まあいい状況は秋まででしょうけど……。

冬は超寒そうだし。

とりあえず洗車後の画像も載せておきます。

IMG_9389.JPG IMG_9387.JPG

メーターまわりの写真取り忘れてた(笑)

元が元なだけに、きれいには見えない人が大半かもしれませんが(笑)
土に返りそうなバイクが、ただのボロバイクぐらいまでには復活できたかと。

乗り回せるようになるまでには、まだまだたくさんクリアせねばならぬことがありますが、
とりあえず最初の一歩を踏み出してみました。


posted by ツボ8 at 02:01| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。