2010年05月31日

【キャロル】ブレーキメンテ

CA3A1526.JPG

 キャロルのブレーキメンテナンスを始めました。

 土の上で(もちろん雨ざらし)での放置期間が長かったもんで、キャリパーもローターも結構ひどいことになってます。このままでもブレーキはそれなりには効くので、街乗りの中古車レベルだと、このまま放っておかれることの方が多そうですが、一応それなりプラスαのメンテを行うことにしました。
 手間は変わらないので、どうせならしっかりやった方がいいと思いますが、それなりプラスαまでに留めた理由は後ほど。

 まずはサビサビになっているブレーキローターから。

CA3A1529.JPG荒めのペーパーでひたすらサンディング

 サビをそのままにしておいても、走っていれば、摺動面はパッドと擦れ合うのでサビはなくなりますが、サビが取れるまでの間にパッドにも悪影響があると思われるので、頑張ってサビを取ります。旋盤などがあればさび取りと共に研磨もできますが、そんなものはないので、当て板を付けたサンドペーパーでできるだけ均一に削れるように削っていきます。
 ちなみにローターの上下っていううか上と右側にある床の茶色い部分は削れたサビとなります。
 ここまでやっても単品ではあまりきれいになったように見えなかったので、サンディング前後のローターを並べて撮影。

CA3A1524.JPGこれならなんとか違いがわかってもらえますね?

 イバガレ・クオリティとしては許せるレベルまでサビを取ったわけですが、残念ながらローターの表面はひどいことになってました。

CA3A1525.JPGコンクリートの床なみのクレーター状態(汗)

 こんな状態なので、できれば交換した方がいいと思います>向洋魂のみなさん。でもどうせそのまま使っちゃうんだろうから、現状で可能な限りまともな状態に仕上げておきますが……。
 このローターを再使用前提でメンテしているので、しっかりメンテとは書けず、「それなり……」となるわけです。

 ローターの裏側もサビがひどいです。これはAE101のローターを流用するために、ローター固定位置をオフセットさせるためのスペーサーがアルミ(ジュラルミン?)製のため、材質違いによる電触が原因なのではないかと思われるのですが、真相はわかりません。

CA3A1527.JPG本来ハブと接している部分まで激しく錆びてます

 この部分を放置してローターを組み込んでしまうと、ローターとハブの合わせ面に異物を噛んだ状態と同じことになってしまうため、ローターが振れてしまうので、ここのサビ取りも必須。ワイヤーブラシでシコシコとサビ取りをしてやりました。

CA3A1528.JPG見た目はそんなに変わりませんけど……

 ローターの方は、ここまでやれば、それなりのメンテとなりますが、どうせならってことでプラスα。

CA3A1530.JPGベルハウジング部を塗装しておきました

 塗ってもどうせすぐ錆びちゃう部分ですが、塗っておかないよりはいいかなと。ラッカースプレーよりは耐久性が高いと思われる耐熱塗料で塗ってあります。
 艶消し黒にするか、銀にするか迷ったんですが、写真栄えする銀に(笑)

 ここまでやって時間切れ。キャリパーの方はまた次回やりたいと思います。

 軽くキャリパーの状態も確認しましたが、こっちはさらにヤバい感じ……かもです。

 それからキャリパーは片側だけ、赤く塗ってあって、もう片方は何もしてないんだけど、やっぱり両方とも同じ色の方がいいよね?>おーなー様。 塗るとすれば何色がいい? まあ、今付いているキャリパーが問題なく使えればの話だけど(汗)
posted by ツボ8 at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

【キャロル】向洋魂の皆さんに業務連絡 その2

CA3A1462.JPG CA3A1465.JPG

CA3A1466.JPGAE101用純正キャリパー&ローター+ガレージモリムラ・ワンオフ・ブラケット。

こいつらを取り外し〜の








CA3A1472.JPG現在使っている、HA11ワークス用のハブ(だったはず)に付く純正ブレーキを探してみたものの、残っていたのはこのローター1枚……。
このローターは、あってももう1枚しか持っていなかったはずなんだけど、キャリパーはやたらたくさん持っていた記憶はあるものの、全部捨ててしまったみたいです。






CA3A1471.JPGディスク化したリアブレーキ。
もしかしたら12インチホイールが付くかも? って試すだけ試してみました、キャリパーが当たってNGでした。









CA3A1463.JPGEBNで作ってもらった、TRD製ラム(今風にいうと倒立)ショック(SW用)ベースのワンオフ車高調。
スプリングには遊びがないし、それ程車高も落ちてないんで、昔なら車検もOKだったんだけど、ブレーキホースの固定方法が今ではNGとなります。
このストラットで車検を通すとなるとブラケットの溶接が必須(溶接するためには、ストラット全バラが必須)。





 写真は取り忘れたけど、リアはノーマル長ショックに、レース用バネの組み合わせなんで、バネが遊んじゃうんで、ショックかバネを交換しないと車検NGです。
 足まわり、特にリアに関しては、そっちでサーキットを走らせるなら、ちゃんとしたもの買うことになると思うんで、この機に買ってしまうのも手かとも思います。





ショッキングな写真も見る?
posted by ツボ8 at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

【キャロル】向洋魂の皆さんに業務連絡

CA3A1467.JPG

ストックパーツ(ゴミ)を漁ってみましたが、現状のキャロルに都合良く装着できる部品が、残念ながらありませんでした(T_T)
posted by ツボ8 at 15:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

【アップデート】吸排気系 Vol.3

CA3A1446.JPGチャンバー変更でどう変わった?

 このチャンバーを買ってすぐにとりあえず装着して走らせてみたんですが(去年の6月のこと)、ノーマルより遅いっていうより、まともに走れるような状態じゃなかったんですよ。こりゃダメだって、イバガレに戻った時点でノーマルに戻しちゃうぐらい、実のところひどい状態でした。

 まあこれはチャンバーが原因というより、今にして思えば車体側がしっかり整備できてなかったのが原因。その後ガンマな若者たちにアドバイスをもらながら整備してまともに走るようになった昨年秋の時点で、試しに装着してみたら、いたって普通に走ってくれるようになってました。まあその作業でエキゾーストフランジのネジをやっつけちゃって、エンジンを開けることになったわけですが……。

 そんなチャンバーを今回付けてみてどうだったのかというと、昨年秋にはあったと思われるトルクの谷もなく、ノーマルというかウルフの純正マフラーからのはっきりした変化として感じられたのは、9000回転から上にパワーバンドが以降したということでしょうか?
 だからといって高回転型になったのかと思えば、12000回転で頭打ちになるのはウルフ純正と変わらないので、単にパワーバンドが狭くなっているという状態です(電気的なリミッターとか入るんですかね?)。
 この状態でいつものコースを走らせてみるとMAXはなんと10km/h弱ダウン。燃料が合ってないのかもと思ったりもしたので、プラグをチェックしてみたものの、それ程いつもとかわりなし…。

 吸入空気量が少ないとチャンバーを付けてもあまり意味がないという話もあるんで、たくさん吸える状態を作って、それにガスの量を合わせようという作戦に出ることにしました。

CA3A1453.JPGエアクリを穴だらけに!

 テストの結果がどうであったのかはまた今度!

posted by ツボ8 at 21:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | RG50Γ&WOLF50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

【アップデート】吸排気変更 vol.2

 今日は、他にやることがあったんで、ガンマをいじる予定じゃなかったんです。
 しかし、「天気もいいし、ちょっとだけガンマに乗ってこよう!」なんて気になりまして、「どうせ乗るなら、チャンバー付けてみよう」ってことでガンマにNS-1(だったはず)用チャンバーを仮止めしてイバガレの周りの農道をたら〜っと走ってきたわけです。

 その途中で、田植えが終わったばかりの田んぼをバックにガンマの写真撮影。

CA3A1425.JPGパシャッ

 こんな写真を、かつしまさんとrashiaさんに送りつけてやったんですが、かつしまさんからこんなレスが……。
「チャンバー長すぎ」。

 自分でも気になっているだけに、そんな指摘を受けると放ってはおけません。やるべき予定をスルーして、チャンバーの加工開始とあいなりました(笑)。

チャンバー加工の工程を読む?
posted by ツボ8 at 01:59| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | RG50Γ&WOLF50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

【アップデート】吸排気変更

CA3A1457.JPG

なんだかんだ装着まで1年掛かったチャンバーを装着しました。

詳細はまた今度。
posted by ツボ8 at 21:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RG50Γ&WOLF50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

【トゥデイ復活計画】仮組みしてみる

CA3A1404.JPG CA3A1405.JPG

 入手した部品を仮組みしてみました。写真でみる分にはもう組み付けて走ることができそうな感じ。  
 しかしそうは問屋が卸してくれません。確認していくとアクスルシャフトにスペーサーが入るぐらいの微妙なクリアランスが! 
 カツシマさんからお借りしているディオのパーツリストで確認すると、スペーサーが入る模様。パーツを注文するか? とも思ったんですが……、

CA3A1406.JPG厚めのワッシャーで代用してみました

 さて仮組みした部品を見て気づかれた方もいるかもしれませんが、元々持っていたGダッシュのフォークが付いてません。
その理由は? を読む?
posted by ツボ8 at 23:12| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | AF61トゥデイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

【トゥデイ復活計画】部品集め中

 昨日は風邪ひいてダウン。
 あの寒かった冬の間は風邪なぞひかなかったのに、熱出して一日寝込む羽目に。

 まあそれはいいとして、これまでに集めたトゥデイの部品。

CA3A1403.JPG CA3A1401.JPG

 可能な限り安くて使えそうなものを落札してみました。
 左の写真がAF35ディオの前後タイヤ&ホイール、フロントディスクブレーキASSY、フロントフォーク、メーターギア、アクスルシャフトのセット。右の写真がトゥディの中古カウルセットとなります。
 余計なものも付いているから、またガレージにゴミが増えますが、これでほぼ足りない部品は揃ったか?って感じで、だいたいOK。
 あとステム部のベアリングレース(元々付いてたのは割れてた)とブレーキレバー別体のスロットルホルダー(トゥデイ用はドラムブレーキなんで一体式)があれば完璧と思われます。
 多分組み付けていく内に、足りない部品が発覚することになるんでしょうけど……。
posted by ツボ8 at 23:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AF61トゥデイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

【トゥデイ復活計画】ネットで調べてみると

 スゲーたくさんのヒット数があったわけじゃありませんが、トゥデイにディオのフロントまわりを移植してディスク化&オイルダンパー化するブログなどはありました。もちろんそれらのサイトを参考にして今回も作業を進めていきます。

 ちなみにどのサイトにも書かれているのが、ステムの長さが違うということと、フェンダーを付けるのが面倒っていうこと。フェンダーは割れたものしかないので、確認できませんが、ステムがどんな感じなのか、早速確認すべく、ディオ用をトゥデイに付けてみました。

CA3A1333.JPGハンドルを外すのも面倒ですよねぇ……

 組み付けでわからなくならないようにできるだけ部品やカプラーなどを外さないでハンドルを取り外そうとしたもんで、余計に面倒だったのかも?
 そんなわけで、写真も撮らずに作業に集中(笑)

CA3A1336.JPGなもんで、いきなり合体!

 ちなみにフロントホイールはストックがないのでJOG用です(こっちは持ってた)。さらに言えばアクスルシャフトもなかったので、適当なものはないかとガラクタを漁って見つかったのがウルフのアクスルシャフト(笑)
 まあこのあたりはディオ用を購入するしかありませんが、とりあえず動かすのにも車輪がないと不便なんで装着してみました。

 装着してみてわかった問題点は……

CA3A1342.JPGその1 ステムが微妙に短い

 ステムにはハンドルを固定するためのボルトが通る溝が刻んであるんですが、トゥデイ用よりもディオ用の方が短いようで、ハンドルを固定しようと思っても溝まで固定ボルトを通す穴が下に落ちず、ハンドルを固定できませんでした。

CA3A1345.JPGその2 ハンドルロック用の穴位置が合わず

 ステムにはハンドルロック用の穴があいているんですが、こちらも残念ながら全く合わず。まあこちらは走るには困らないので、いざとなればなくてもいいか?ってことにしちゃってもいいんですけど、やっぱり駐輪する時など無いと不便なんで、やはり何とかしておくべきか?

 ちなみにこれらのことは事前にネットで調べてある程度わかっていたので、まあ予定通りだったんですが、どんな風に対処するのか、自分が調べたサイトには詳しく書かれていなかったので、実際に組み付けてみて、対処方を考えてみたというわけです。
 今やろうと思っている方法はちょっと面倒でもあり、イバガレの設備&自分の技術力ではギリギリできるはずってものなんで、ここではあえて書きません。
 まあ、上手くいっても失敗しても、ブログのネタにはしますんで、アホやなぁと笑ってやって下さい。

続きを読む
posted by ツボ8 at 00:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | AF61トゥデイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

【トゥデイ復活計画】とりあえずアリ物で

 この話のつづきです。
 手持ちのパーツを最大限利用して、フロントフォークが曲がってしまっているトゥデイを復活させようかと。とりあえず手持ちのパーツをフィッティングすべく、イバガレのガラクタの山から部品をかき集めてみました。

CA3A1335.JPGディオ用(多分)のステム

 これはトライRS用に手に入れたというより、JOG Zにホンダのオイルダンパー入りフロントフォークを入れようと思って買ってみた部品だと思います。まあ、どっちでもいいんですけど……。

CA3A1409.JPGGダッシュ用のフロントフォーク

 これもJOGに付けようと思ってとりあえず買ってみた部品。それをトライRSに付けてはみたものの、車高が高くなってしまうってことで、使用を断念して今に至ってます。果たして今回日の目を見ることになるのか?(笑)

 この他写真を撮り忘れてますが、ブレーキキャリパーとローターがあります。

 ちなみに「どうせ直すなら、ドラムブレーキをディスクに、あまり動かないらしいショボいフロントフォークをオイルダンパータイプに!」なんて言いたいところですが、実のところは安く上げるために、これらの部品を使うことにしました。
 トゥデイ用のフロントフォークは、某オークションでの流通量が少なく、あっても高いんですよ。ディオ用となると流通量がものすごく多いもんで、主要な部品をだいたいストックしているとなると、ディクス&オイルダンパー化した方が安く直せそうなんです、僕の試算によると。
 まあ、そんなショボい話はともかく、これらの部品を使ってトゥデイは直してやろうと思います。

 つづく
posted by ツボ8 at 23:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | AF61トゥデイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

ワインディングを満喫しまくり

 今日は用事があってFISCOへ行ってました。
 帰りの渋滞が始まる前に帰らねば、とか思いつつ、カートコースの隣でミニバイクが楽しそうに走っていたりしたもので、しはし見学(この時点では中央道は渋滞が始まっていたものの、東名はクリア)。
 4時ごろ、御殿場インターに向かったんですが、途中にある電光掲示板をみたら、事故渋滞15kmの表示が……。
 そのまま事故渋滞に突っ込む気になれず、Uターンして渋滞回避ルートに。

CA3A1415.JPG山中湖湖畔にて

 あ、ちなみに「ワインディングを満喫しまくり」なんてタイトルにしたので、カプチかガンマでかと思われたかもしれませんが、アクティ、じゃなくてストリートでです(笑)

 こんなクルマでワインディング走っても楽しくなさそうと思われるかもしれませんが、結構楽しい。もちろん絶対スピードは遅いですけど、本当に楽しく走れます。
 さらに言えばそれ程遅いわけでもない。渋滞回避で下道に逃げる人がいるせいで交通量が多いこともありますが、前のクルマに追いついたことで、後ろのクルマに追いつかれることはあっても、自分が先頭を走っていて、後ろのクルマが追いついてくることは1度もありませんでした(ちょっと大人気ない自慢(笑))。 

CA3A1416.JPG奥多摩周遊道路にて

 昨日、125ccの最新型スクーターで無駄に300km近く走った友人がいて、アホだなぁと思っていたんですが、自分も20年前の軽ワンボックスで、今日1日で300km超走っちゃいました(下道200kmオーバー)。

 人のこと言えませんね(汗)
posted by ツボ8 at 23:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

【2010 KKC Round 1】RG50ガンマ勢が大挙来襲 Vol.3

CA3A1387.JPGシャッターチャンスを逃した……

 北関東選手権は、北関東路を走る原付ツーリングである。ただ最後の最後に毎回「お前ら高校生か?」と突っ込まれる、大人気ない競争をしたりもするが。
 
 今回は、今までのレポートのとおり、8台も参加車両がいる。昨シーズの最多は4台であったが、内2台は実力の違いすぎるマシンであったため、実質♯2と♯8の2台のどちらが速いのか? という非常にミニマムな意地の張り合いであった。
 しかし今回は8台。しかもRG50ガンマが6台と同型マシンが揃っているだけに、混戦を誰もが予想するはず。未だかつてKKCにはなかった大掛かりな意地の張り合いに発展する可能性を秘めているということは言うまでもないだろう。

 渡良瀬遊水地の春というより、初夏の気持ちいい自然の中でバイク談義を満喫し、旨い昼食をとったライダーとそのマシンは、いよいよツーリングのゴールとなるイバガレに、つまりは最後の大人気ない意地の張り合いのステージへと向かった。

 目印にしておいた地点を過ぎ、先頭を走る♯8が速度を上げたのに合わせ、他のマシンも追従する。♯8のすぐ後ろに付けていた♯21が♯8をオーバーテイクして先頭に出ようとしたところで、前方にシケインが現れる(移動中の農作業車ともいう)。KKC一行はここで減速を強いられるが、シケインを過ぎたところで、いよいよ全開モードに突入。

 ♯21に譲られるかたちで、シケインを真っ先にパスした♯8が逃げの体勢に。これに♯21、♯9が続く(3台ともガンマ)。さらに最後尾にいたはずの♯2(あぺ)が、ベテランならではの走りで3台のガンマの後に付けた。

 自分のタイミングで加速モードに入ったことで、♯8はうまい具合に速度をのせられたようで、ジリジリと後方の3台を引き離してしまう。♯21と♯9が微妙な性能差であったようで、じりじりと♯9が♯21に並びそして抜き去ったのだが、さらに微妙な性能差で4番手を走行していた♯2あぺがその2台を抜き去ったところでゴールとなった。

 残りの♯4、♯16、♯50、♯59の4台は、シケインからの加速で先行4台から遅れをとることになり、各車両とも実力がバラバラで意地の張り合いとなるような競争には発展しないままゴールしたようだ。
 この内ガンマ勢は、それぞれのWEBサイトにアップされている内容によるとセッティングミスやライディングミスがあった模様。また♯50のARは、マシンが完成したばかりということで、競争に参加できる状態になかったようだ(リミッターが付いていることが当日判明)。

 以上のように、2010KKCの開幕戦は無事トラブルもなく終了となった。次回第2戦のスケジュールは全くの未定となっているが、今回参加できなかったチームも含め、まったりと開催されるはずだ。
気になるシリーズポイントは?
posted by ツボ8 at 23:42| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 北関東選手権(KKC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

久々の半田屋

100506_2337~0001.jpg

 国道4号沿いにあるチェーン店の大衆食堂で久しぶりにメシ。

相変わらず安くて美味い。

しかしかつてよく来ていた頃によく食べていたメニューがなくなっていたのが残念。
posted by ツボ8 at 23:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

【2010 KKC Round 1】RG50ガンマ勢が大挙来襲 Vol.2

 今回のエントラントは以下の通り(ゼッケン順)。

♯2 勝島ホンダGP(Johnspeed Racing Enterprise)
ライダー:勝島太郎
ベースマシン:ホンダ エイプ100 TypeD
ウェブサイト:―

CA3A1393.JPG

♯4 チーム名未定(エントラント名未定)
ライダー:神威
ベースマシン:スズキRG50Γ
ウェブサイト:http://ameblo.jp/kamuimk4/
CA3A1375.JPG

♯8 SUZUKI Team イバガレ(tsubo8 racing MOTO)
ライダー:ツボ8
ベースマシン:スズキRG50Γ
ウェブサイト:http://tsubo8.seesaa.net/
CA3A1395.JPG

♯9 Nanoyan Factory Japan(なのやん@NFJ)
ライダー:なのやん
ベースマシン:スズキRG50Γ
ウェブサイト:http://rgganma.web.fc2.com/
CA3A1391.JPG

♯16 Team POPGAL Performance
(N3 Motorsports International)
ライダー:イッキ
ベースマシン:スズキRG50Γ
ウェブサイト:http://blogs.yahoo.co.jp/xcv13x
CA3A1379.JPG

♯21 チーム名未定(エントラント名未定)
ライダー:いけ
ベースマシン:スズキRG50Γ
ウェブサイト:http://blog.auone.jp/ikewolfn1/
CA3A1371.JPG

♯50 Team ARASHI(EurasiaRacing)
ライダー:rashia
ベースマシン:カワサキAR50
ウェブサイト:http://blogs.dion.ne.jp/rashia/
CA3A1392.JPG

♯59 チーム名未定(エントラント名未定)
ライダー:えるび
ベースマシン:スズキRG50Γ
ウェブサイト:http://ameblo.jp/andncub/
CA3A1383.JPG



続きを読む
posted by ツボ8 at 23:45| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 北関東選手権(KKC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

【2010 KKC Round 1】RG50ガンマ勢が大挙来襲 Vol.1

CA3A1388.JPG

 初夏を思わせる好天に恵まれた5月2日、北関東選手権(KKC)の開幕戦が開催された。

 GW中ということもあり、参加チームは8チームとKKC至上最高を記録。しかもRG50ガンマがその内の6台を占め、KKC御一行が立ち寄った先々が、80年代かと思わせるような風景となり、沿道の人々の目を楽しませることとなった。

 そんなKKC♯1で巡ったコースはこのようなルートとなる。

 09年シリーズでも使用されたコースのアレンジ版となるが、渡良瀬遊水地の抜群のロケーションを、より満喫できるものとなる。またこのルート周辺に詳しいエントラントがいるため、知る人ぞ知る旨くて安い昼食をエントラント全員で食することができ、非常に満足度の高いコースとなっている。

CA3A1389.JPG大満足の昼食スポット

 昭和の原チャリが体勢を占めた今回のKKCにピッタリの店舗外観。こちらのお店の餃子は絶品でした。 


posted by ツボ8 at 23:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東選手権(KKC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

2010年05月01日

いよいよ

 明日、北関東選手権(=KKC)の開幕であります。

 アラフォーのおバカなおっさん達のお遊びで始まったKKCでありますが、今回はガンマに乗る若者たちがノリノリで参加してくれるため(自分以外に5台!)、平均年齢が猛烈に若返る模様。若者のクルマやバイク離れが叫ばれる昨今ですが、KKCだけは逆行してますね(笑)。でもこのブログでおもしろ可笑しく脚色しまくってKKCネタを書いているので、「実際に参加してみなら温すぎてガッカリ」なんて思われちゃって、次回から誘っても来てくれなくなってしまうのではないかと心配だったりもします。

 それからこのブログにも何度も登場しているジモティのrashiaさんが、役1年掛けてレストアしたAR50のデビューイベントでもあります。自分もちょこっとは手伝っていたりしますが、ほぼバイクいじり初体験の彼ひとりで仕上げたバイク。しっかり走り切ってくれるのか? っていう心配もありますが、どんな走りをしてくれるのか? どれほどのパフォーマンスなのか? 他人事とは思えないぐらい興味津々です。

 果たしてどんな1日になるのでしょうか?
posted by ツボ8 at 23:44| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。