2010年09月30日

リード50SS その2

 バイクいじりの秘密基地『イバガレ』のリード50SSネタです(笑)

 CA3A1656.JPGまずは洗車から。

 一応カバーを掛けて保管してあったみたいですけど、土の上だったもんで、触るのも嫌になるほど汚れがかなりひどい状態でした。
 当然カウルの中のエンジン&駆動系もオイル&埃&泥で、超汚い。
 そんなもんで、カウルを外して機関部も含め、洗剤を付けてブラシで擦ったあと、エンジン洗浄ガンを使って水を拭きつけ洗い流します。

CA3A1654.JPGこれがCA3A1655.JPGこうなる

 完全にバラしての洗浄ではないので完全にキレイにできるわけじゃありませんが、これだけでもずいぶんいじっている時に手が汚れなくなるはずです。

 車体がある程度きれいになったら、今度はエンジンのチェック。
 5年近く動かさず放置されていたので、バッテリーはもちろん上がっていたので、何発かキックをかましてみたんですが、エンジンが掛かる気配なし。
 そこでクルマ用のバッテリーを持ってきて、ジャンプコードでリードに接続。セルを回します。
 セルは問題なく回ってくれますが、いくら回してもエンジン始動の気配なし……。

 そんなわけで各部をチェックていくことに。

CA3A1652.JPG CA3A1651.JPGまずは圧縮圧力

 リード50SS(AF10)の許容値は、整備書を用意していないのでわかりませんが、他のエンジンの圧縮圧力を調べていると9kg/cm2ぐらいのようなので、かなり低そう。
 でも、キックをした感じは圧縮感があるので、計り方が悪いのか? そういえばスロットルを開けないまま計測したような気もする。ってことはやっぱり計測ミス? 結構いい加減(笑)

CA3A1664.JPGプラグはこんな状態

 この車体、放置される前にも放置されていて、一回バイク屋さんで動くようにして、ほんのちょっと乗ったあと、また放置となったとのこと。その状況からすると、プラグはその時に交換されている模様。汚れてはいるけど、ほとんど磨耗なし。とりあえずプラグは真鍮ブラシで磨いて再使用することにします。

 次にキャブをバラしてみる。

CA3A1657.JPGスゴいことになってました(汗)

 完璧にジェット類が詰まってます。
 今まで不動の原チャリを何台かいじってきましたが、ラッキーなことにココまで酷い状態のキャブは初めて。 

CA3A1661.JPG洗浄して組み付け

 とりあえず全バラして、キャブクリーナーに各パーツを漬け込み、洗浄してから組み付けた状態です。ゴムパッキンなどは新品を用意していないので、ちょっと不安な状態ですが、とりあえずこれで組み付けて、エンジンを掛けてみます。
 
 写真はありませんが、バッチリ掛かりました。
 圧縮圧力は完全に計測ミスだったみたいで、エンジンは絶好調。敷地内で軽く試乗してみましたが、結構パワフルです。

 ただ、走ってみるとシャーシ側に問題あり。フロントホイールの回り方がスムーズじゃないし、それが原因なのか別に原因があるのか真っ直ぐ走らず、車体が左に取られるような……?(記憶があいまいで右だったかも?)

 友達から預かった時は、エンジンを掛かるようにして、消耗部品(劣化した機能部品)を交換して、外まわりをきれいにしてやればOKと思ってたんですが、このリード50SS、結構面倒なことになりそうです。

posted by ツボ8 at 23:49| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

リード50SS その1

CA3A1641.JPG CA3A1642.JPG

 次のネタです。
 夏前から手を入れてたりしたもんで、じつはすでに7割ぐらい出来上がってます。
 仕上げるまでをダラダラとアップしていきますね。
posted by ツボ8 at 23:31| 茨城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイクothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

ルーツザ原チャリ

IMG_1602.1.jpg走っている写真をもらえたのでアップ

 しかし写真を見直してみると、本当すごい雨の中、走ってましたね(汗)

 さて、この前、レースレポートはWEB Mr.BIKEのレポートがアップされてからと書きましたが、先にやってOKとの指令をいただいたので、トライRSがトロフィーを貰えるまでの道のりとそのカラクリを書いておきます。

 さんざんテスト走行をこなして、ルーツザ原チャリ開催サーキットとなる近畿スポーツランドに、トライRSを持ち込んだわけですから、車両の方はもう絶好調! 
 ……な予定でしたが、レース前の練習走行で走らせてみると(←とりあえず走れました(笑))、エンジン吹けません……(汗) スピードメーターを見ても、最高で40km/hしか出ない……(汗)

 キャブセッティングが狂っているようです。 自分の予想ではメチャクチャ濃い……ような。そんな状態で走り続けてもしょうがないんで、そうそうにテントに引き上げました。とりあえず前回と違って走ることができることを確認できたんで、練習走行はそれで十分。

 余談ですが、とりあえず上だけ合羽を着て走っていたんですけど、パンチングメッシュとなるレザースーツなもんで、10分も走らずパンツまで濡れちゃいました。

 テントに戻って、一緒にのる勝島さんとキャブのセッティングを変えるかどうかを相談。自分としてはもちろん変えたい。乗ってない勝島さんは、また走れないような状態にしてほしくないらしく「とりあえず走っているんだから、そのままいこうよ」とのこと。
 確かに濃いにしてもどれだけ薄い方向に持っていけばいいのか分からないし、また走れなくなったらどうしようっていう恐怖心もあるんで、結局そのまま走らせることに。雨がひどいし、速くても危ないだけ……、なんていう自分なりのいいわけもありました。

 でもこれが大失敗。

 大雨の中で決勝レースがスタートしたわけですが、出走車両中、ダントツで遅い車両となってしまいました。自分も走るシケインになると予告してましたが、コーナーで遅いのは仕方ないとして、ストレートでも参加車両全車のシケインとなるとは……。とにかくヴァージンやヒスパニアレーシング(←F1ね)より邪魔な存在だったと思われます。
 K4GPで抜かれ慣れていますけど、そんなレベルじゃありません。前を走っている全ての車両がコーナーはもちろん直線でもすぐに離れていき、あっという間に周回遅れ……。常に後ろを見ながらの走行で、超バックミラーが欲しくなりました。

 後半乗ってくれた勝島さんをもってしても、「ルーツザ原チャリでこんなに抜かれたの初めて」ってぐらいに抜かれまくってました。

 そんなレースですが、大雨の中を走っていたにも関わらず、転倒もなく無事ゴール。まあ転倒するほどスピードが出なかったって話もありますが……。きっとスクーターレースとかしている人であれば、アクセル全開のまま、あのコンディションの中でも1周できるのでは? ってぐらいスピードが伸びませんでしたね。


リザルトを見る?
posted by ツボ8 at 23:30| 茨城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

■LIVE■雨の中

CA3A2161.JPG
こんな時間にイバガレに向かってます。
posted by ツボ8 at 23:42| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

レースの詳細は?

CA3A2132.JPG

 ルーツザ原チャリのレースレポートをそろそろアップしようかとも思ってましたが、その内WEB Mr.BIKEにレポートがアップされるはずなんで、こちらでは止めておきます。

 ここを読んでくれている人も、WEB Mr.BIKEをチェックしていてくださいねぇ〜。


 
posted by ツボ8 at 23:34| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

久々

CA3A2148.JPG
カプチーノに乗るお馬鹿さん(含む自分)の集いに参加。

その場で写真撮らなかったもんで、写真は帰りのコンビニです(^-^)/
posted by ツボ8 at 23:28| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

■LIVE■動かそうと思ったら…

CA3A2144.JPG
バッテリー上がってました(T_T)
posted by ツボ8 at 21:25| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カプチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

結果

CA3A2137.JPG
こんなもの頂いちゃいました!!
posted by ツボ8 at 17:08| 茨城 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

デカーリング

CA3A2122.JPGこの写真だと変わり映えしない?

 今日はゼッケン&デカール制作に時間かけすぎました(汗)
 その割に、出来栄えは微妙な部分も……。

CA3A2123.JPGちょっとゴチャゴチャさせすぎたか?

 家のプリンターで印刷できるシートを買ってきて使ってみたんですけど、黒以外は透けちゃってだめですね。
 トライRSと名乗っておきながら、RSの文字がどこにもなかったんで、これも制作して入れてみました。この部分はレース後もそのまま使いたいもんで、透け対策として地にメッキカッティングシートを入れてあります。

CA3A2128.JPGサイドはこんな感じ

『Mr.Bike WEB』のURLもプリンターで印刷したもの。黒なら結構いい感じで使えます。
YAMAHAのロゴはプリントシート+メッキカッティングシート。

CA3A2127.JPGキャリパーにもヤマハのマーク入れてみました。

 カラーリングはとりあえずこんな感じです。

 キャブのセッティングなんですが、今頃になって超ハマってます。やはりアクセル中開度の時にグズリがでる……。とりあえずニードルを1段下げして、グズリは消えたんですが、今度は全体的に回転が重い……、ってことは濃い? 天気が下り坂だから気圧がさがって、結果的に濃く感じるのか? ジェットを変えてみりょうかと思いましたが、その時には日も暮れてしまったので、現地でやろうと思います。

 しかしノーマルエンジンのくせに、なんだって微妙なエンジンなんでしょう?

 まあ明日が楽しみ。

 余裕があれば、現地からガンガンアップします。

posted by ツボ8 at 20:28| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

セッティング3日目

100921_1530~0001.jpg平日の真昼間からお店広げちゃいました(笑)


100921_1501~0001.jpg 100921_1538~0001.jpg

 今日は再びキャブセッティング。♯90と♯95のメインジェットを試します。

 しかし、どちらもいいところなし……。特に♯90は加速も悪く、最高速も伸びそうにありません。かなり薄いってことになると、エンジンが焼きついたりする可能性もあるので、そうそうに♯95に変更。こちらになるとまあ普通なんですけど、加速の時のパンチが無いような……。

 この状態を考えると、今あるメインジェットの中では♯100がベストか? もしかするともっと濃くてもいいのかも? なんて思いが頭をよぎります。
 そんなことを考えつつ、テスト走行も兼ねてジェットをバラ売りしてそうなバイク屋さんにいってみることに。

 まずは環8沿いにある昔からあるかつしまさんオススメ(?)バイク屋さんに行ってみました。
 単品のメインジェットがあるか聞いてみるとあるとのことだったんで、♯105番をゲット。ついでにパイロットジェットもないかと聞いてみたんですが、残念ながら注文だそうで。

 その後、ダイソーでバイクとは関係ないものの買い物をして、帰路につこうかとも思ったんですが、ちょい遠回りでナップスに寄れることに気付き、行ってみることに。

100921_1659~0001.jpgナップスにはなんとDJ1Lが!

 今でも乗っている人がいるんですね(笑)。
 それはいいとして、パイロットジェット。以前来た時は気付かなかったんですけど、ナップスにはメチャ豊富にジェット類の在庫がありました。
 欲しい形状&番手のパイロットジェットもばっちり在庫あり。メインジェットの方も在庫があったので、最初からこちらに来れば良かったかも。

100921_1747~0001.jpg手に入れたジェット類

 パイロットジェットは、1番上げとなる♯22.5。
 しかし売ってもらった時から思ってたんですが、メインジェットはどう見ても中古ですよね(汗)。特に中古という説明もなく渡されましたけど、ずいぶんアマく見られたもんです(笑)。
 まあ、500円で売ってくれたんで、まあいいか(笑)



 続きを読む
posted by ツボ8 at 22:17| 茨城 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

セッティング2日目

CA3A2084.JPG CA3A2085.JPG

 キャブの方は、とりあえず普通に走るようになったので(問題ありますけど……)、駆動系のセッティングをはじめることに。

 WRを組み替えて、変速エンジン回転を変えていきます。
 こんなモノの重さを変えることで、なんで変速回転数が変わるのか、自分もはじめはチンプンカンプン(←死語?)でしたが、いじってみるとなんとなくですけどわかるようになってきました。
 ちなみに大部分のスクーターの駆動系は、クルマのミッションでいくところのCVTと基本原理は同じ。ただクルマの場合は電子制御で前後のプーリー比を変えてますけど、スクーターの場合は機械式。電子制御の方が緻密っぽいですが、機械式の方も多くの工夫が盛り込まれていて、なかなか侮れません。
 WRは変速タイミングを変えていくパーツのひとつで、部品代も比較的安く、組み替えも容易、しかも効果がわかり易いんで、スクーターの駆動系いじりの第一歩的パーツのようです。
 ちなみにWRを軽くしていくと、変速する回転が高くなっていきます。普通のMTで言えば、3000回転でシフトアップしていくのを、4000回転や5000回転という風に変えていくことができるみたいな。

 トライの場合、ノーマルのWRは5gでそれが6個入ってます。
 この時の変速回転は、かなりアバウトですが5000〜6000回転ぐらい。最大トルクの発生回転が5500回転なので、最もトルクが出てる回転で変速するようにセッティングされているのではないでしょうか? 
 ちなみに最高出力発生回転数は7000回転なので、5500〜7000回転がエンジン的にはおいしい部分となるはずですから、元気よく走らせるなら、もうちょっと回転を上げてやってもいいはずです。

 ってことでWRを軽くしてみるわけですが、まずは4g×6個のセットを組んで走ってみました。
 このセットだと、変速回転数は7000〜7500回転でした。いきなりおいしい部分超え(笑)。エンジンは常に高回転をキープした状態で走ります。そんなもんで昨日書いたように、やたら燃費が悪くなります。メーターで見る最高速は、5gとほぼ同じですが、到達するまでの時間&距離が長いような?

 もう少し変速回転が低くてもいいので、お次は4.5g×6個のセットに変更。
 このセットでの変速回転は6500〜7000回転といったところだったはず(メモし忘れた)。最高出力と最大トルクの発生回転内で変速ってことを考えると、なかなかいい感じ。走ってみても今までのセットの中で一番元気良く走れるような気がします。

CA3A2086.JPGテスト後のプーリー

 プーリーのベルト可動部分を使いきれているかを確認するために、マジックで線を引いておき、その線の消え具合で可動量をチェックするといいらしいので、自分もやってみました。外周側にまだマジックの線が残っているので、完全には使いきれていないのがわかります。
 プーリーの外周側にベルトが移動すればするほどハイギア(バイクだからロング)となるので、パワーさえあれば最高速も伸びることになります市販されているハイスピードプーリーなら、恐らくもっと外周までベルトが移動するようなプーリー形状となっているはずですが、トライ用のハイスピードプーリーなど今となっては手に入るわけもなく、所詮ノーマルなんで、現状ではここまでベルトが来てくれていればいいかと? 

 この他のパーツにも手を加えると、もっと変化があるかもしれませんが、とりあえず今回はWRのみで一番いいところを探してやるつもりです。
 5gと4.5gの間の重さとなるWRはないので、5g×3個+4.5g×3個(6個のWRの総重量で変速タイミングは変わるようです)とかも時間があればテストしてみたいですね。というのも、正確な比較じゃないんですけど、最高速までの到達時間はノーマルの5g×6個が一番早いような気がするんですよ。ただエンジンが回っている分4.5g×6個の方がキビキビ走ってくれる。なもんでその中間となると5g×3個+4.5g×3個。

 キャブの方もメインジェットを♯95や♯90した状態で、今の駆動系で試してみたい……。
 本末転倒かもしれませんが、ルーツが終わっても、トライRSは楽しめそうです(笑)
 
  

posted by ツボ8 at 10:33| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

2日連続で都心部激走(笑)

CA3A2087.JPGベイエリアの秘密基地(?)

CA3A2091.JPGウチの近くの某交差点

 昨日と今日はお台場とネズミーランドの間にある某所で、お仕事。
 天気もいいし、トライRSにも乗りたいしってことで、いつもならクルマでいくところを、トライRSでいってきました。

 ウチからベイエリア某所に向かう場合、どうしても都心部を通るわけですが、道が広いせいか流れも速く、安全運転しようと思いつつも、速い流れから自分の身を守るために(?)やたらとアクセルの全開率が高くなってしまいます。

 さらに駆動系のセッティング中で、昨日はやたらと変速回転数が高いセットとなっていたもんで、ガソリンの消費量が多い多い。
 昨日の朝、満タンにしたんですが、今日某所から帰る時には給油が必要で、2.9リットル弱入っちゃう。燃費はさすがに30km/ℓを大きく割って、27km/ℓ台に落ち込んでます。
 ルーツでは、90分で70kmぐらい走ることになるんで、走り方によってはガス欠の可能性もあり?
 まあ、都心を走るより、サーキット方が全開時間短いかも? ストップ&ゴーも多いし、ストレートも長いですからね。もう少し燃費も良くなるだろうし、昨日のセットは多分使わないと思うんで……。

 もう少し、都内はのんびり走りたいと思っていたんですが、走ってしまうとそうもいきませんね。どうしても流れにのろうと頑張っちゃう。まあ全開にしても大してスピードは出ませんが、何かあるとかなり痛いですからね。もう少し理性を持って走るように心がけようと思います(笑)
posted by ツボ8 at 23:57| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

銀座ナウ(笑)

CA3A2076.JPG
オープンしたばかり(多分)の三越前にて。
posted by ツボ8 at 22:59| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

セッティング初日

  足りないウエイトローラーも買ってきたんでいよいよセッティングをちょこちょこはじめてます。

 まずはキャブ。
 イバガレにて、タコメーターを用いずメインジェットを♯75、♯85、♯95、♯100の4種を試して、体感的に一番調子よさそうなのが♯95か♯100、ってところまではやってました。ちなみにノーマルは♯85なんで、エンジン本体にも、吸排気系にも何も手を加えていないので、未だに何処かから2次エアを吸っているんじゃないか? とも推測してます。でもとりあえず、以前のように走れないような状態には陥らないので、キャブのセッティングで何とかしたいと思っているわけです。
 ちなみに現在♯100を入れているんですが、この状態だと4800〜5000回転でグズるっていうか失速する。でもその回転をやり過ごせば、しっかり加速してくれるようになる。グズる時のスロットル開度は、半開手前ぐらい? の時が多いんですよ。敢えてそれぐらいのスロットル開度にするとグズることが多い。ということはこの回転数、もしくはスロットル開度の時に燃料が合ってないと予測できます。

 濃いのか薄いのか? キャブセッティングに精通していない自分の力量では判断することができないもので、とりあえず濃い方と薄い方にセットを変えてみることにしました。何を調整したのかといえば、ニードルのクリップの位置。本当はパイロットジェットを交換してみようと思ったのですが、濃いのか薄いのかもわかっていないと、結構な種類のパイロットジェットを買わないといけなくなります。ニードルで調整して、濃いか薄いか、はたまた別の原因か判明してからパイロットジェットを交換した方が経済的(笑)なので、ニードルをいじることにしたわけです。

CA3A2058.JPGいきなりですが外したニードル

 クリップの位置は、5段ある内の真ん中上からでも下からでも3段目に今まではセットされてました。とりあえず今まで薄くて苦しめられてきたので、濃い方向にクリップ位置を変更します。一段ずつとか調整しても鈍い自分はその変化を感じ取れない場合もあると思い、一番濃い状態にしてやることに。写真はそんな感じで一番下にクリップを移動した時のものです。

 早速試乗。ちなみにこの部分以外は全くいじってません。

 乗ってみると、なんと一発でグズりが消えてくれました。つまりスロットル中開度付近の燃料が足りてなかったってことですよね? とすれば多分パイロットジェットの番手を上げても同じような結果が得られるはず。
 ただトライ用のパイロットジェットってセットで売ってないんですよね、残念ながら。ジョグ系のキャブなら普通に売っているんですが、トライ用はさすがにない。多分TZRとかと同じ形状のパイロットジェットだと思うんですが、TZR用だと番手が大き過ぎ。ちなみにトライのノーマルは♯20なんですけど、TZR用は♯40番台。これじゃさすがに濃すぎると思われます、多分。
 そんなわけで、今度1本ずつ買ってみたいと思いますが、今回のルーツ用にはニードルの調整だけで済ませたいと思います。経費削減ってことで(←セコっ!)

 とりあえずキャブの方はここまでセッティングできたので、今度は駆動系を煮詰めようと思います。



 
posted by ツボ8 at 22:46| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

引き渡し準備

CA3A2066.JPG


 今週末にオーナーが広島から引き取りに来るそうなんで、最後の仕上げをすべくイバガレで作業してました。
 やった作業はトー調整やETCの取りつけ、さらに試走して問題があった部分の手直し(ガラスの清掃とか、ベルトのテンション調整とか)。
 ついでに無くなってしまった媒体ロゴを貼ったまま、広島まで帰ってもらうのもなんなんで、ロゴのみ剥がします。他のステッカーやラインのカッティングシートも、4年以上屋外放置していただけに紫外線でボロボロになっているんで、きっとオーナーは「どうせなら全部剥がしてくれればいいのに」って思うかもしれませんが、一人でやったら丸1日じゃとても終わらないと思います。だって3箇所貼ってあったジェイズロゴを剥がすのにも結構時間掛かりましたから……。

 しかも嫌な結末が……。

CA3A2067.JPG塗装が広範囲で剥がれた!!!

 左側側面ってドアからクオーターパネルに掛けて板金歴があるみたいで、無残に塗膜がステッカーについて剥がれてきちゃいました。

 さらに……

CA3A2068.JPGボンネットに糊が焼きついてます!!!

 普通、残った糊は糊は、洗浄用のシンナーで拭いてやれば溶かし落とすことができるんですけど、全くもって落ちる気配なし。っていうかシンナーを含ませたウエスでこすっていると、当たり前なんですけどボディの塗装が解けてくる。下手にやり続けると正常な部分に問題が出ること間違いなし!

 ステッカー自体もそうですけど、塗装面もかなり痛みがひどいので、きれいにしてレースに出たいなら、もうオールペンしかなさそう。とりあえず安く済ませるなら同じ位置に別のステッカーを貼るとかで誤魔化すしかないのでは?

 オーナーさんの判断でよろしく。


そのまま放置されていた「メンテ詳細 その2」を読む
posted by ツボ8 at 22:01| 茨城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

メーター針のずれが原因

 先程、WRを買うべく中原街道で横浜のKN企画に向かっていたわけですが、その途中でガス欠……。

CA3A2059.JPG登り坂の途中で立ち往生…

 ちなみにKN企画までのルートは、クルマだと第三京浜で行くか国道246号で行くかって事になります。というのも神奈川側の中原街道って、道は狭いのに交通量も多く、クルマの流れはノロノロのところが多いから。対してG1(原付1種)スクーターのトライだと、第三京浜は使えないし、246は流れ速すぎなもんで中原街道を選んだんですが、中原街道はトライのペースにピッタリな道でした。

 そんなわけで気持ちよく、マイペースで走っていたわけですが、千年の先にある丘(?)を越える登り坂で突然エンジンが吹けなくなり、そのままストップ。セルを回すとエンジンは目覚めるんですが、アクセルを開けるとまたエンスト…。ガス欠特有の症状ですね(笑)

CA3A2060.JPGその時のメーター

 どう見てもまだまだガソリン入っているって位置にメーターの針がありました。
 出発する前には、針が黄色とオレンジの間ぐらいにあって、途中でガソリンを入れることになるであろうと思ってましたが、まさかこのタイミングでガス欠になるとは……。トライRSとなる前にこの車体に乗っていた時は、もっとエンプティ側に針がいってもガス欠することはなかったので、恐らくメーターを組みかえた時に(Dioのフロントまわりを使っているので、それに合わせてメーターもDio用を移植してあります。そんなもんでオドメーターの数字が逆を向いているわけです)、針を挿す位置がずれたのが原因だと思われます。

 ジタバタしてもしようがないので、写真の反対車線側にあった広いスペースにトライを押入れ、ちょうど自販機もあったので缶コーヒーを買って、まずは一服(笑) 

 一服しながら辺りを見回したんですが、ガソリンスタンドは見えず…。どっちに行くか迷ってみたりします(笑)
 ちなみに進行方向はまだまだ登りが続きそう。いくら軽量なトライでも押して登るのはシンドい。かといって来た道を下っても、ガソリンスタンドがあったというイメージが全くありません。
 「う〜ん、どうしよう?」と迷っている時に、いいことを閃きました。やっぱり一服している時はいいアイデアを思いつけるもんです(笑)
 そのアイデアとは、携帯のナビ機能。それで最寄りのガソリンスタンドを検索すればいいわけです。
 早速検索してみると、最寄りは進行方向方面の500メートル先。2番手は戻り方向方面の600メートル先。どちらも中原街道沿いじゃなく、横道にそれたところにあるようです。
 
 「どちらが易しか?」

 

続きを読む
posted by ツボ8 at 22:46| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■LIVE■ガス欠

CA3A2061.JPG
困った(T_T)
posted by ツボ8 at 16:03| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トライでWR買い出しのはずが……

 昨日の夕方、時間が空いたので、トライをいじりにイバガレ東京出張所(一般的には月極め駐車場という)へ。

 駆動系のセッティングしたいと思っているんですが、今入っているウエイトローラー(WR)の重さが分からずっていう状態なので、まずはそれを確認し、その後、必要となりそうな重さでストックのないウエイトローラーを、トライに乗って買いに行こうかと思ったわけです。

 まずは現在入っているWRを摘出すべく、駆動系をバラしていきます。
 ちなみに昨年3月に組み上げた時に、新品相当のWRを入れたんですが、その時何グラムを入れたのか全くもって記憶にありません。ただしストックしてあるWRをみると、5グラムか4.5グラムか4グラムのどれかが入っていると思われます。
 実は試しに重さのはっきりしている3グラムと6グラムのウエイトローラーを入れて、エンジンが完調になる前にテストしているんですが、3グラムは大外し、6グラムは微妙という結果が出てます。ということは4〜5.5グラムの中でベストを探すことになると予想してます。

CA3A2047.JPGそしてここまで分解したところで……

CA3A2048.JPG雨が降ってきました。写真じゃ雨粒見えないけど…(笑)

CA3A2049.JPGあっという間に路面もウエットに……。写真じゃ濡れて見えないけど…(笑)

 幸い東京出張所には屋根もあるんで、雨宿りを兼ねて作業を進めることに。
 でも雨降ってきちゃったから、トライに乗ってWRの買い出しにいけない……。俄然やる気ダウン↓↓↓↓↓です。

CA3A2051.JPGそんなやる気無しの状態でもどうにか駆動系分解完了 

 プーリーに組み込まれたWRを摘出してやります。

CA3A2050.JPGそして重量測定

 タニタのデジタルはかりを使って計測してみると5グラムが入ってました。
 ちなみにトライの純正WRも5グラムなんで、去年の3月に組み付けた時は、「とりはず純正と同じでいいや」って感じで組み付けたみたいですね、自分の性格からすると。

 ここまでの作業が終わった時点でも雨足が弱まってなかったんで、仕方がないので駆動系各部の寸法をダイソーで売ってる樹脂製のノギスを使って計測して、雨が小降りになるまで時間をつぶしました。


 何の参考にもならない計測値を読む?
posted by ツボ8 at 03:38| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

必須装備と便利装備

CA3A1970.JPG

 日曜日にアップしたこの写真を見て、気付いた人がいるかもしれませんが、この日はおかしなミラーを付けての走行となりました。
 そのミラーとはrashiaさん秘蔵(?)のホンダ純正左側用ミラー。そうです、rashiaさんのDioに付いていた片割れです。

 なんだってそんなミラーを付けて走ったのかといえば、罰ゲーム……、っていうわけではなく(笑)、その朝、自宅から東埼玉方面に向かうためストリートにトライを積み込む際に、天井に当たってミラーが首のところでポッキリ折れちゃったから。
 rashiaさんに「余っているミラーない?」ってメールしたところ、「あるよ」という返事。無駄な出費が抑えられてラッキー! とその時は喜んだわけですが、手渡されたのは左側用……。
 まあここで、カッコ悪いから付けたくないなんて駄々をこねるのも大人げないので、ありがたくお借りして写真の状態で走りまわっていたというわけです(意外にも機能的にはほとんど問題なしでした)。

 その後イバガレに行って、トライをいじりつつ、何か適当なミラーないかなぁ〜と、物色してみると、いいのがありました。

CA3A1764.JPG部品取りのリード50SSに付いているミラー

 今まで付けてたミラー(スーパーチープツールズの580円のヤツ)を買うまではこれでいいやってことで、これを付けることに。

CA3A1982.JPGこんな感じで付きます

 とりあえずで付けるんで、似合う似合わないはどうでもいいと思って付けたんですが、結構似合ってます(自画自賛?)。使い勝手も悪くなくて、ギリギリだけど付けたままストリートにも搭載可能。さらにいえば、マスターシリンダー&リザーバータンクを装着するために加工したフロントカウルの隙間を覆い隠してくれるところもよい! ちょっと足の部分を加工してやれば、もっとしっかりフィットしてくれるはずなんで、今度イバガレに行った時にでも、足の加工&塗装をしてやろうと思ってます。

 必須装備のミラーがどうにかなったんで、さらに便利装備もおごってやりました。

CA3A1985.JPG CA3A1984.JPGコンビニフック!

 積載装備一切無しの現状のトライだったんですが、これでちょっとは便利な乗り物になるはずです。
 ちなみにこっちも中古なんで、ミラー同様、見てくれをよくしてやる必要がありますね。ミラーと一緒に黒く塗ってやろうと思います。
posted by ツボ8 at 13:51| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

タコメーター

 自分のように体内センサーがいい加減な人間の場合、セッティングに不可欠なのが計測器。

 そんなわけで、タコメーターの無いトライRSを制作していた昨年3月、まだ走れもしないトライのためにデジタル式の汎用タコメーターを購入したと、このブログにもアップしていたりします→その時の記事

 ようやくそのタコメーターを使ってセッティング作業ができそうなので、先日エンジンを組み直した時にタコメーターの取りつけも行いました。

CA3A1981.JPGこんな感じに取り付けてます

 ちなみに盗難防止&完全防水じゃないそうなんで、雨に濡れたりしないようにベロクロ(マジックテープ)を使って奪着可能な状態とし、ハーネスもハンドルカバーのところにカプラーを設け抜き挿しできるようにしてあります。

 このタコメーターは、原付用タコメーターによくあるプラグコードにタコメーターからのハーネスを巻き付けて回転パルスを感知するタイプなんですが、プラグコードが古いと正確な数値を表わせないらしく、付けた直後はアイドリングで4000回転近くの数値を示していました。
 中古で買ったもんで、取り説などもなく、どうしてそんな数値を示すのかよくわからなかったんですが、メーカーのサイトで確認したところ、原因が判明。その対応策も記されていて、先日の土曜日、イバガレに行った時に、対策作業を行ってきました。
 ただし対策といっても、プラグコードとタコメーターを繋ぐ配線を途中でフレームにも巻きつけるだけ。こんなんで本当に正確な数値を示してくれるのか、やってみるまで半信半疑だったんですが、実際にやってみると本当にそれらしい数値を示すようになりました。といってもそれが本当に正しい数値なのか確かめる術がないんですけどね(汗)。

 そんなわけで今日は、そのタコメーターを凝視しながら(笑)、トライに乗っていたわけです。


続きを読む
posted by ツボ8 at 23:42| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。