2010年05月14日

【トゥデイ復活計画】仮組みしてみる

CA3A1404.JPG CA3A1405.JPG

 入手した部品を仮組みしてみました。写真でみる分にはもう組み付けて走ることができそうな感じ。  
 しかしそうは問屋が卸してくれません。確認していくとアクスルシャフトにスペーサーが入るぐらいの微妙なクリアランスが! 
 カツシマさんからお借りしているディオのパーツリストで確認すると、スペーサーが入る模様。パーツを注文するか? とも思ったんですが……、

CA3A1406.JPG厚めのワッシャーで代用してみました

 さて仮組みした部品を見て気づかれた方もいるかもしれませんが、元々持っていたGダッシュのフォークが付いてません。
 その理由はというと、なんと不具合が……。

CA3A1407.JPGアクスルシャフトが通る穴の上に凸部に注目

 この凸部はメーターギアの回り止めのためにあるものなんですが、なんと今回用意したディオ用のメーターギアだと、この凸部では短すぎて回り止めの役目を果たさないことが判明しました(汗)。

 この問題を解決するには以下の方法が考えられます。

@Gダッシュ用のメーターギアを用意する。
Aディオ用のフォークASSY、もしくは最低限でもディオ用の右側アウターを用意する。
B諦めて今あるオイルダンパーじゃないディオ用(今回オマケで付いてきた)フォークでお茶を濁す。

 この中からどれを選ぶか? ともったいぶって書いてみましたが、ケチケチ復活企画なので、迷わずBを選択することになり、今回オマケで付いてきたフォークが採用されることとなりました。
 まあ、トゥデイよりも上級なディオに採用されるフォークですから、これでもとりあえずのグレードアップになります(といってもわざわざフロントフォーク替えるのに、このフォークを選んでいる人見たことないですけどね(笑)

CA3A1408.JPG復活率50%ぐらい?

 次はいよいよステムシャフトの加工になるわけですが、前にも書きましたが、イバガレの技術力ではかなり背伸びした加工となるため、なかなかその一歩が踏み出せずにいます。
posted by ツボ8 at 23:12| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | AF61トゥデイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かつしまです。

トゥディのSP(スポーツプロダクション)仕様、完成を楽しみにしています。

1週間もの間、最新125スクーターの高性能に慣れ親しんだせいもあり、
くたびれつつあるスペイシーのSP仕様を品川オフィスでは検討中です!
Posted by Catsushima at 2010年05月16日 16:04
フロントフォーク、SP仕様にオーバーホールしますよ、格安で(笑)
Posted by ツボ8 at 2010年05月17日 01:18
自分のトゥデイもフロントフォーク、ハンドルが曲がる事故を起こしまして(停めてたら自宅の車に突っ込まれた)どうにか手元のディオので直そうとしてます。

分かりやすい記事なのでぜひ完成を見てみたいです!
Posted by 事故者 at 2013年05月19日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149899925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。