2011年10月22日

長期貸与?

CA3A2698.JPG

 先週末からイバガレ東京出張所はこんな状態になってます。

 日曜日に行ったピンスクツーでも登場してますがスペイシー100がドーンと加わっております。
 このスペイシー100は、G2連邦の大統領の公用車。
 次期公用車選定までの間(もしかするとそれ以後も)、ありがたいことにお預かりさせていただくことに。
 お預かりといっても、ただ置いておくだけでなく、自分の足として使ってOKなのであります。

 大統領ったら太っ腹!

 ただその見返りとして、何をやらされるか、ちょっと不安だったりもしてます(笑)
 
 さて、このスペイシー100、大統領が常日頃ピカピカに磨き上げていたので、まだまだバリ物っぽいですが、走行距離はすでに3万2000km。
 メンテナンスも結構しっかりしていたので、エンジンなどの調子はいいんですが、不具合も発生しております。


 不具合というのが、フロントフォーク。
 残念なことに、大統領が使っている間に、左側フォークのシールがお亡くなりになったようで、フォークオイルがダダ漏れに……。
 そのオイルがブレーキにかかってしまったようで、パッドがオイルを含み、ブレーキも効きません。

 それからリアタイヤも摩耗が進んでまして、路面の段差にかなりハンドルを取られます。

CA3A2700.JPG

 というわけで、とりあえず現状の不具合を解消すべく、現在部品を収集中。
 といっても、フォークシール、パッド、タイヤ、ついでに交換時期らしいプラグの4点のみなんですけどね。
 フォークシールは純正パーツを発注済み(今日、入荷の連絡がありました)。
 それ以外のパーツは、貧乏な自分の強い味方である
スーパーチープツールズで購入してきました。

 当初の予定では、タイヤを純正サイズに近い3.50-10にする予定だったんですが、 残念ながら品切れで(どういう訳か、自分がスーパーチープツールズにタイヤを買いに行くと、欲しいサイズが欠品。現在4戦中3敗(汗)。タイヤ購入が目的じゃない時には、タイヤが豊富にあったりするのに……)、600円強高い純正サイズを購入(これも最後の1本)。

 フロントフォークのオーバーホールと共に、これらの部品を近日交換予定です。

 その時にいっしょにオイル交換もやろうと思っていたんですが、大統領から交換時期だと言われていたので、ちょっと気になって昨日オイルの量を確認すると、レベルゲージの先っぽにオイルが辛うじてつくぐらいしか入っていなかったもんで、ストックの安オイルで慌ててオイル交換しました。

CA3A2696.JPG

 オイルが少ない状態で、ピンスクツーも含め、結構走りまわっちゃってました(汗)

 しかし、やっぱり100ccも排気量があると、走りやすいですね。
 まだ1週間ほどしか乗ってませんが、遠出限って言えば、トライRSと比べて超楽チンです(←当たり前?)。
 それでいて、燃費も良くて、滅茶苦茶に静か。
 さすがはG2連邦の大統領が選んだマシンだけのことはあります。

 でも、だからと言ってトライRSがつまらなくなってしまったかというと、そうでもなくて、乗り換えるとこれはこれで楽しい。

CA3A2695.JPG

 しかもこんな風に、段ボールとか運ぶ場合、トライRSの方が積載能力が高かったりもする(※トライRSは耐久レーサーでありトランスポーターではありません(笑))。

 あとなんと行っても、車重が半分しかなく、スペイシーと比べるとかなり小さい車体サイズも、慣れているせいかもしれませんが、使い勝手がよくて、近場の短距離移動であれば、トライRSの方に乗りたくなったりもします。

【関連する記事】
posted by ツボ8 at 02:11| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイシー100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231547260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。