2014年06月21日

ツジツマアウカ? その1

この型のCBはフロントにディスクブレーキを装備するのだが、
機械式、つまりワイヤーでキャリパーを動かすっていうメカニズム。

残念ながらそのキャリパーの写真が手元にないんで、
今度機会があれば撮ってアップしたいと思います。

機械式でもそこそこは仕事をしてくれるわけだが、
キャリパーにちょっとしたトラブルを抱えているもんで、
以前から油圧式に交換しようと考えていた。

現状、フロントフォークのオイルシールもダメになっているもんだから、
結論として、どうせならフォークごと他車種用にしちゃうことにします。

IMG_9412.JPG

そんなわけで用意したのがNS1のフォークとキャリパー。

IMG_9391.JPG

選んだ理由は、フォークのインナーがCBと同じΦ31だからってのと
DE耐に出てたエイプでも使ってたフォークなんで、
パーツもいろいろありそうっていうもの。

キャリパーもどうにか付くだろう楽観していたのだが、無念にもそうでもなかった。

IMG_9395.JPG

ローターの径がNS1の方が大きいだろうと勝手に思っていたのだが、
実はCBの方が大きかったんですよ。

NS1→Φ220
CB125T→Φ240

直径で20mmほど大きい。

IMG_9394.JPG

当然ローターが大きいから、キャリパーは取り付け穴に届かない。

IMG_9406.JPG

さらにはローターのオフセットも違うから
こちら方向でもクリアランスが……。

まあこちらはスペーサー代わりにワッシャーを入れれば
解決できるので大した問題じゃありませんが。


とりあえず、ヤフオクでNS1のビッグローター用キャリパーサポートがないか
探してみたのだが、出てこない……。

基本的に同じブレーキとなるNSR50やエイプでも同様。

となるとワンオフでつくるしかない?

それもありだが、加工代が結構高そうかも?

加工をお願いするにしても、安く上がる方法はないかって考えてもみました。

今付いているローターの外周を10mm落としてもらって、220mmにってのは?

これなら加工代もそれほどかからないはず。

っていうかCBにつく220mmローターってないのか?

ってことで探してみたのですが、CB50用が220mmっぽいのですが、
取り付けがCB125Tが5穴に対してCB50は3穴。

他には無いかなっていろいろネットを飛び回ったところで、
NS1やエイプ、NSR50用として240mmローター変更用のキャリパーサポートを発見!

5000円弱というお値段なので、ローターを削ってもらうより、
コストを抑えることができるはず。

とりあえず、ブレーキ流用のツジツマは
合わせることができそうな流れになってきました。

posted by ツボ8 at 02:42| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CB125T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。