2011年05月21日

ハチロク

CA3A2570.JPG

 今日はMBBでハチロクいじってました(正確にはハチロクも……(笑))

 昔、ジェイズやいじりんぐでレポートしていた車両とほぼ同じ車両ですが、アレじゃありません。
 友達の愛車で、「ホーンが鳴らないので直して」というご依頼。って言ってもずいぶん前から頼まれて、今まで放置していたんですけどね(笑) 頼まれた時に、軽くバラしてチェックしてみたんですが、どうもホーンの配線が何処かで断線している様子。結構面倒臭そうなんで、今まで手を付けずにいたわけですが……(笑)

CA3A2571.JPG

 とりあえずステアリング&コラムまわりをバラして原因を探ります。

CA3A2572.JPG

 ステアリングボスへと通電させる接点はかなり摩耗しているだけでなく、曲がっている様子。この部分に検電テスターを当てても通電してません。これよりボディ側で断線している様子です。

CA3A2573.JPG

 裏側を覗いてみると、やっぱり断線してました。

CA3A2574.JPG

 イバガレの時と違って、クルマの置いてある場所まで電気コードをチャチャッと持って来られる環境じゃないもんで車内まではんだごてを持ってこれず、いろいろ工夫して簡単には断線しないように、端子とコードを接続。通電していることを確認して組み付けました。

CA3A2576.JPG

 ボスとの接点への通電も、検電テスターを使ってチェック。しっかり電気が流れてくれました。

CA3A2577.JPG

 ホーンのハーネス修理が終わったら、ついでにステアリングも交換して作業終了。

 カプラーをつなぎ忘れたり、チルトステアリング用のロックレバーをカバーの裏側に放置したまま内装を付けちゃったりして、メーターパネル下の内装を3度も組み直したというのは秘密ですが、無事修理&交換完了。

 かなりお待たせしましたが、友達も喜んでくれたみたいでよかったです。

 ちなみにコクピット内にジャラジャラとぬいぐるみなどぶら下げてありますが、オーナーは自分より4日も先輩の43歳です(笑)
posted by ツボ8 at 23:26| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

引き渡し準備

CA3A2066.JPG


 今週末にオーナーが広島から引き取りに来るそうなんで、最後の仕上げをすべくイバガレで作業してました。
 やった作業はトー調整やETCの取りつけ、さらに試走して問題があった部分の手直し(ガラスの清掃とか、ベルトのテンション調整とか)。
 ついでに無くなってしまった媒体ロゴを貼ったまま、広島まで帰ってもらうのもなんなんで、ロゴのみ剥がします。他のステッカーやラインのカッティングシートも、4年以上屋外放置していただけに紫外線でボロボロになっているんで、きっとオーナーは「どうせなら全部剥がしてくれればいいのに」って思うかもしれませんが、一人でやったら丸1日じゃとても終わらないと思います。だって3箇所貼ってあったジェイズロゴを剥がすのにも結構時間掛かりましたから……。

 しかも嫌な結末が……。

CA3A2067.JPG塗装が広範囲で剥がれた!!!

 左側側面ってドアからクオーターパネルに掛けて板金歴があるみたいで、無残に塗膜がステッカーについて剥がれてきちゃいました。

 さらに……

CA3A2068.JPGボンネットに糊が焼きついてます!!!

 普通、残った糊は糊は、洗浄用のシンナーで拭いてやれば溶かし落とすことができるんですけど、全くもって落ちる気配なし。っていうかシンナーを含ませたウエスでこすっていると、当たり前なんですけどボディの塗装が解けてくる。下手にやり続けると正常な部分に問題が出ること間違いなし!

 ステッカー自体もそうですけど、塗装面もかなり痛みがひどいので、きれいにしてレースに出たいなら、もうオールペンしかなさそう。とりあえず安く済ませるなら同じ位置に別のステッカーを貼るとかで誤魔化すしかないのでは?

 オーナーさんの判断でよろしく。


そのまま放置されていた「メンテ詳細 その2」を読む
posted by ツボ8 at 22:01| 茨城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

【キャロル】メンテ詳細 その1

 おーなー様にとりあえずこんだけはやったというご報告を兼ねて、昨日と今日の作業の詳細を……。

【フロントブレーキキャリパー

CA3A1561.JPG 鉄キャリパーなんで、外側は激しく錆びてます。そしてスライドピンが固着していて動かなかったもんで、中身も大変なことになっているかも……? ってことで油圧ラインを切って、キャリパーを点検してみました。








CA3A1562.JPGCA3A1564.JPG 抜き取ったスライドピン。固着してたんで、中がサビサビなのでは? と思ってましたが、幸いにもいたって健全でした。
 洗浄&グリスアップして動きをよくしておきました。




CA3A1563.JPG ピストンの方も、ブーツをめくって確認しましたが、問題なし。ブーツなどに破れもないし、オーバーホールキットも手持ちがないので、バイクだとよくやるもみ出し(だっけ?)をやって、さらにサビ止めにもなるので、ピストンの外周部をグリスアップしておきました。







 ここまでは、非常にスムーズ。交換が必須となる部品もなく、よかったわけですが、組み付けようと、固定ボルトを見るとサビサビ。洗浄時に真鍮ブラシで擦ったくらいじゃ全くきれいにならず……。そのまま組み込むのも怖いので、ネジ関係全て手を入れることに……。

CA3A1567.JPG まずはボルトのネジ山部分をきれいにしてやりました。手作業でゴシゴシやっててもなかなかきれいにならなず、かなり時間を費やしたところで、エアツールを使えばいいってことにきづきました(汗)。
 サビでネジ山も痩せてるはずなんで、本来なら交換した方がいいかもしれませんが、手間だけで凌いでおきました。







CA3A1566.JPGCA3A1572.JPGネジ穴の方も、全てタップでさらってます。メチャクチャ錆びてる部分もあって、入れたタップが折れたりするのでは? ってビビリながら、チマチマ作業してます。




CA3A1568.JPG ボルトといえば、ブレーキホースをつなぐバンジョウボルトもひどい状態。新品のストックや程度のいい中古が確かあったはず、ってことで探し回ったわけですが、結局見つからず…。
 ホースもそろそろ交換した方がいいかもしれないので、交換するときには、バンジョウボルトを新品に交換してやって下さい。







CA3A1573.JPG AE101のキャリパーとローターを固定するためのブラケットとスペーさーはこんな感じで装着されてます。自分たちでメンテするとき、ブラケットの向きとかわからなくなった時の参考になるはずってことでアップしておきます。








CA3A1575.JPG ワンオフブラケットとキャリパーブラケット(AE101純正)はこんな感じで付きます。固定ボルトは内側が短く、外側が長いです。
 ちなみにボルトにはネジロックを使ってます。アルミのブラケットは歪みが出てボルトが緩むことがあるそうでネジロックを使うようにと、製作者のガレージモリムラのもりさんから指示されました。イバガレにあるネジロックはかなり強固なものしかなく、外れなくなるとヤバいので、少量しか塗ってません。定期的に緩みがないかチェックをよろしく!



CA3A1577.JPG ブレーキホースも取りつけ角度も参考までに。
 スズキのホースをトヨタのキャリパーに付けているので、回り止めの形状が違うため、バンジョウボルトを締めこんでいくとホースの角度が変わっちゃいますんで、バールなどで角度が変わらないようにしておきながら締めこんで下さい。まあ、このあたりは、バイクのキャリパーに社外のメッシュホース(安いやつ)を付けるのと同じ要領なんで、書くまでもないか?





CA3A1570.JPG もろもろ組み付けて完成。
 写真は撮ってませんが、残量は十分あるもののパッドもひどいことになってたんで、手を入れてます。といってもパッド面をペーパーで面出ししたのと、サビサビになっていたバックプレートのサビを取って塗装しただけですが。
 それから、ブラケット製作時に型取りのために用意したアケボノの純正相当のほぼ新品パッドがまだ残っていたので、キャロルに積んでおきます。このパッドでもこれだけ容量アップしてあると、効き的には十分なはず。




リアブレーキも見る?
posted by ツボ8 at 22:58| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キャロル】着地

CA3A1615.JPG

とりあえず、広島まで自走可能(…なはず)なぐらいにまでのメンテナンス完了。
posted by ツボ8 at 17:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キャロル】クーラント交換中

CA3A1614.JPG

レース前に交換してあったんで、錆は発生していない模様。
でもクーラントは賞味期限切れなんで交換します。

とりあえず2回ほど水道水で流してます。

これが終われば、着地させられます。
posted by ツボ8 at 16:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キャロル】リアブレーキ完成

CA3A1600.JPG

ブレーキ関係は、あとエア抜きのみ。

ちなみにこのローター、安いアフターパーツがなく、交換するとなると、純正新品しか選べないんです。
posted by ツボ8 at 13:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

【キャロル】やっぱりダメでした

CA3A1591.JPG

リアブレーキ作業途中ですが、もうこんな時間。

続きはまた明日ですね。
posted by ツボ8 at 22:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キャロル】今日中に

CA3A1569.JPG

いつまでもウマに掛けっぱなしにしていると邪魔なので、今日1日で一気に仕上げてしまおうと、昼過ぎからイバガレに来てます。

しかし毎度のことですが、思うように進まず、やっとフロントのブレーキが組上がる直前…(汗)。
posted by ツボ8 at 18:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

【キャロル】ブレーキメンテ

CA3A1526.JPG

 キャロルのブレーキメンテナンスを始めました。

 土の上で(もちろん雨ざらし)での放置期間が長かったもんで、キャリパーもローターも結構ひどいことになってます。このままでもブレーキはそれなりには効くので、街乗りの中古車レベルだと、このまま放っておかれることの方が多そうですが、一応それなりプラスαのメンテを行うことにしました。
 手間は変わらないので、どうせならしっかりやった方がいいと思いますが、それなりプラスαまでに留めた理由は後ほど。

 まずはサビサビになっているブレーキローターから。

CA3A1529.JPG荒めのペーパーでひたすらサンディング

 サビをそのままにしておいても、走っていれば、摺動面はパッドと擦れ合うのでサビはなくなりますが、サビが取れるまでの間にパッドにも悪影響があると思われるので、頑張ってサビを取ります。旋盤などがあればさび取りと共に研磨もできますが、そんなものはないので、当て板を付けたサンドペーパーでできるだけ均一に削れるように削っていきます。
 ちなみにローターの上下っていううか上と右側にある床の茶色い部分は削れたサビとなります。
 ここまでやっても単品ではあまりきれいになったように見えなかったので、サンディング前後のローターを並べて撮影。

CA3A1524.JPGこれならなんとか違いがわかってもらえますね?

 イバガレ・クオリティとしては許せるレベルまでサビを取ったわけですが、残念ながらローターの表面はひどいことになってました。

CA3A1525.JPGコンクリートの床なみのクレーター状態(汗)

 こんな状態なので、できれば交換した方がいいと思います>向洋魂のみなさん。でもどうせそのまま使っちゃうんだろうから、現状で可能な限りまともな状態に仕上げておきますが……。
 このローターを再使用前提でメンテしているので、しっかりメンテとは書けず、「それなり……」となるわけです。

 ローターの裏側もサビがひどいです。これはAE101のローターを流用するために、ローター固定位置をオフセットさせるためのスペーサーがアルミ(ジュラルミン?)製のため、材質違いによる電触が原因なのではないかと思われるのですが、真相はわかりません。

CA3A1527.JPG本来ハブと接している部分まで激しく錆びてます

 この部分を放置してローターを組み込んでしまうと、ローターとハブの合わせ面に異物を噛んだ状態と同じことになってしまうため、ローターが振れてしまうので、ここのサビ取りも必須。ワイヤーブラシでシコシコとサビ取りをしてやりました。

CA3A1528.JPG見た目はそんなに変わりませんけど……

 ローターの方は、ここまでやれば、それなりのメンテとなりますが、どうせならってことでプラスα。

CA3A1530.JPGベルハウジング部を塗装しておきました

 塗ってもどうせすぐ錆びちゃう部分ですが、塗っておかないよりはいいかなと。ラッカースプレーよりは耐久性が高いと思われる耐熱塗料で塗ってあります。
 艶消し黒にするか、銀にするか迷ったんですが、写真栄えする銀に(笑)

 ここまでやって時間切れ。キャリパーの方はまた次回やりたいと思います。

 軽くキャリパーの状態も確認しましたが、こっちはさらにヤバい感じ……かもです。

 それからキャリパーは片側だけ、赤く塗ってあって、もう片方は何もしてないんだけど、やっぱり両方とも同じ色の方がいいよね?>おーなー様。 塗るとすれば何色がいい? まあ、今付いているキャリパーが問題なく使えればの話だけど(汗)
posted by ツボ8 at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

【キャロル】向洋魂の皆さんに業務連絡 その2

CA3A1462.JPG CA3A1465.JPG

CA3A1466.JPGAE101用純正キャリパー&ローター+ガレージモリムラ・ワンオフ・ブラケット。

こいつらを取り外し〜の








CA3A1472.JPG現在使っている、HA11ワークス用のハブ(だったはず)に付く純正ブレーキを探してみたものの、残っていたのはこのローター1枚……。
このローターは、あってももう1枚しか持っていなかったはずなんだけど、キャリパーはやたらたくさん持っていた記憶はあるものの、全部捨ててしまったみたいです。






CA3A1471.JPGディスク化したリアブレーキ。
もしかしたら12インチホイールが付くかも? って試すだけ試してみました、キャリパーが当たってNGでした。









CA3A1463.JPGEBNで作ってもらった、TRD製ラム(今風にいうと倒立)ショック(SW用)ベースのワンオフ車高調。
スプリングには遊びがないし、それ程車高も落ちてないんで、昔なら車検もOKだったんだけど、ブレーキホースの固定方法が今ではNGとなります。
このストラットで車検を通すとなるとブラケットの溶接が必須(溶接するためには、ストラット全バラが必須)。





 写真は取り忘れたけど、リアはノーマル長ショックに、レース用バネの組み合わせなんで、バネが遊んじゃうんで、ショックかバネを交換しないと車検NGです。
 足まわり、特にリアに関しては、そっちでサーキットを走らせるなら、ちゃんとしたもの買うことになると思うんで、この機に買ってしまうのも手かとも思います。





ショッキングな写真も見る?
posted by ツボ8 at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

【キャロル】向洋魂の皆さんに業務連絡

CA3A1467.JPG

ストックパーツ(ゴミ)を漁ってみましたが、現状のキャロルに都合良く装着できる部品が、残念ながらありませんでした(T_T)
posted by ツボ8 at 15:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

2009年10月14日

車体装着図

 昨日のブログに使った、かつしまさんのエイプの写真を見て気付いた人がいるかもしれませんが、10月6日のブログで書いたワンオフのウインカーステーを、北関東選手権の後で、エイプに装着してみました。

CA3A0384.JPG CA3A0383.JPG

 エイプにXRモタード純正マフラーを流用する時に(そんなことする人、ほとんどいないそうですが…)、行き場を失うリアウインカーを、純正風に移設するためのステーになります。
 カッコいいかどうかは、人それぞれ好みがるのでなんとも言えませんが、かつしまさんは満足してくれたようで、作った自分としてはうれしい限りです。

  ちなみにこのステー制作のお代として、ETC車載機(中古)をいただきました(笑)

posted by ツボ8 at 20:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

■LIVE■カツシマ様に業務連絡

CA3A0348.JPGほぼ完成しました。

こんな感じでいいっスか?









追加の写真を見る
posted by ツボ8 at 22:57| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

■LIVE■MTBをいじってます

CA3A0921.JPG今日Tシャツでも熱いっすね。

そんな中、イバガレ東京出張所(?)でマウンテンバイクの整備中です。

GW中に富士見パノラマへダウンヒルをしに行くためというわけではなく、父親がサイクリングをするというので、貸し出すための整備しているわけなんです。
久々の自転車いじりなんで、作業方法を忘れていたりで、なかなかはかどりません。
posted by ツボ8 at 15:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

■LIVE■軽自動車検査協会にて

CA3A0834.JPGこれでハマったの初めてです。

1回目、完全に忘れてました。
2回目、ガムテープに手書きしたものを貼ってみましたが、今ではNGだそうで、またダメ。
結局、ペイントマーカーを買いに走って、じかに書き込んでOKいただきました。

めでたしめでたし。
posted by ツボ8 at 11:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

■LIVE■アライメントはどんなもん?

CA3A0830.JPG昨日までとうって変わって、今日は涼しいですね。

そんなイバガレで、交換しているカプチのアライメント調整をやってます。

乗った感じは特に問題を感じなかったんですが、リアが狂ってましたね。

オープンデブなんで、リアの狂いは、走行フィールに影響ないんですかね?

トーは左側がゼロで、右側がインに4分(?)。

キャンバーは左側がネガ側に1度5分で、右側が1度ちょうど。

イメージとしては、リアだけ左方向に動こうとするけど、キャンバーの差の分で、真っ直ぐ進んでるみたいな感じでしょうか?

結果的に真っ直ぐ進んでますが、タイヤが偏磨耗とかしない内に、左右対象に調整しておきました。
オーナーさんが走り好きなら、それっぽい数値にするのも面白いんですが、そういうタイプではないので、今までと変わらない感じで乗れるであろう数値にしてます。

トーが左右ともイン0度20分(トータルトーは今まで通り)、キャンバーも左右とも1度ちょうど。
これからテスト走行してきます。
posted by ツボ8 at 16:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

■LIVE■リアキャリパーも装着完了

CA3A0825.JPG今回このカプチをいじらせてもらえることになった理由が、このキャリパー。

お決まりの引きずり症状が出ていたわけです。

以前、左側だけ新品に交換していて、いわゆる対策部品(スズキでは対策品とは言ってないみたいですが)が組み込まれたキャリパーになっているんですが、写真の右側は未対策でした。

そんなわけでキャリパーのスライドピンや、サイドブレーキのリンク部の動きが悪くなってきてしまうと、引きずり症状が出てきてしまうのでしょう。

今回はしっかり対策品を組み込んだので、サイドブレーキのリンク部に関しては引きずり症状は当分出ることはないでしょう。

ちなみに引きずり症状が出ていたせいでパッドは片側(右キャリパーの外側)だけ2分山以下になっていたので、新品に交換しました。

選んだパッドは、某エンドウさんも絶賛する(?)、スーパーチープツールズで売っている2800円パッド。

お値打ち価格(?)が魅力です。
posted by ツボ8 at 16:34| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■LIVE■いい感じにノーマル風

CA3A0824.JPG今日も天気が良くて絶好のクルマいじり日和。

というわけでイバガレ開店(?)してます。

昨日塗装したカプチのフロントキャリパーに、もろもろの部品を組んで、ハブに装着しました。

予想通りの見事なノーマル風味。

知らない人が見たら、わざわざ塗ったとは思うまい(笑)
posted by ツボ8 at 14:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フロントキャリパー塗装

CA3A0801.JPG オーバーホールしているキャリパーを塗装しました。

 「本当に塗ったの?」と突っ込みをいれられそうなぐらい地味な暗めなシルバーで塗装しました。

CA3A0785.JPG ちなみに右が洗浄しただけ状態のキャリパーです(左は洗浄前)。

 わざわざウレタン塗料で色まで作って塗ったというのに、大差ありません。

 しかし、それでいいのです。というのもカプチーノのフロントキャリパーは、お世辞にも見栄えのする形状とはいえません。だから目立つ色で塗ってもカッコよくないとおもいませんか? だからこんな色で塗ってます(オーナーさんからも了解済み)。
 「だったら塗らなくてもいいのでは?」と思われるかもしれませんが、もう古いだけに結構サビやすいんですよね。キャリパーがサビているのってかなりみすぼらしく見えるじゃないですか? というわけで錆止めとして塗装してやりました。

 今回塗った色は、純正新品風がテーマ。実際の純正新品の色とは違うと思いますが(見たことないし……)、まあそれ風に仕上がったような気がしてます。
posted by ツボ8 at 03:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いじりモノothers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。